MENU

背中にできるニキビ跡って汚い

ニキビが出来るとニキビで悩み、ニキビが収まっても気になることがありますよね。
それは、ニキビ跡。そもそもあれってどうして茶色いの?

 

★ニキビ跡には3タイプある

 

私は茶色いニキビ跡に悩んできましたが、実はニキビ跡には3タイプあるんです。
その3つとは下の3種類。

 

1>赤タイプ
触るとなめらかでも赤っぽい色のまま。これは、ニキビの炎症を抑える際にできた傷跡の一種。
肌組織に傷がついた状態で修復したため、赤っぽくなる。

 

2>色素沈着タイプ
色素沈着タイプはシミやソバカスの仲間とも言える、お肌に茶色く残るタイプのニキビ跡。
肌はアクネ菌を殺菌し、鎮める為に活性酸素を作って対抗します。

 

活性酸素が発生すると、肌を活性酸素から守るために分泌されるホルモンが
メラノサイトを刺激し、メラニンが大量に作られそのメラニンが残ると茶色いニキビ跡に。

 

3>クレータータイプ
クレータータイプのニキビ跡は、赤タイプのニキビ跡と同様に
お肌の皮膚の組織が破壊されることにより肌組織から傷ができる。

 

赤ニキビとは異なり、肌の色は差はないが触るとデコボコしている。

 

さて、3つのニキビタイプについて特徴は分かってきました。
続いて、3つのタイプの対処法は?

どうやって予防できるの?

ニキビ跡には3つのタイプがあります。
それぞれの特徴と原因は分かってきたけど、肝心の対処法は?

 

★背綺麗は赤タイプ、色素沈着タイプのニキビ跡におススメ

 

1>赤タイプ
赤みの原因は毛細血管が傷つけられてしまい、うっ血状態が残っているから。
効果的なのはビタミンC誘導体配合アイテムで肌を潤わせ赤みを抑えましょう。

 

また、一般的にはハイドロキシンという成分も有効とされますが
刺激が強い場合があり、カユくなったりする可能性があるので注意。

 

2>色素沈着タイプ
赤みタイプと同じくビタミンC誘導剤などのコスメを利用するうちに徐々に薄くなります。
そして、肌を潤わせることで肌の生まれ変わり(ターンオーバー)しやすくなります。

 

潤いが少ないとターンオーバーの期間が長くなったり、色素が残り続けるままになるので
しっかり潤いを与え、新しいニキビを抑える心がけを。

 

 

3>クレータータイプ
重度タイプのニキビ跡と呼ばれるクレータータイプのニキビ跡。
まずは、ニキビを防ぐことが第一。洗顔や洗顔後のケアを見つめなおしてみましょう。

 

皮膚科へ相談してピーリングを行うなどすると、症状が軽くなる場合もあります。
一度信頼できるお医者さんへ相談するのもおススメです。

 

もっともっと、ニキビ・ニキビ跡のケアを紹介します!

 

 

▲≪話題の『背綺麗』成分や効果≫背中ニキビ対策ネットのTOPへ戻る